KSK WORKS

KSK WORKS は がいこくじん の ための
しごとじょうほう サイト です。


2021.07.01就職に役立つ知識

外国人に人気の日本の仕事ランキングトップ5!人気の理由もご紹介

3,131 views
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク

日本で働く外国人の間では、どの仕事に人気があるのでしょうか?
日本での就職や転職を考える際に、外国人に人気の職業が気になる方も多いと思います。

今回は、外国人に人気の日本の仕事ランキングトップ5を理由も合わせてご紹介していきます。是非、これから日本で働く際の参考にしてみてください。

「手に職をつけられる」職業が外国人の間でも人気

外国人に人気な日本の仕事の特徴として、全体的に「手に職をつけられる」点が挙げられます。母国に帰っても使える技術・技能が身に着けられる仕事が人気上位にランクインしているので、スキルを身に着けたい気持ちが強く出ているのかもしれません。

外国人の方が日本に来て働く理由は様々ですが、大部分を占めているのは「お金を稼ぐため」です。経済的に豊かになるためや、母国の家族に仕送りするために来日される方が多いので、職業選択でも「外国人でも稼げる仕事」に人気が集中しています。

外国人に人気の日本の仕事 第1位:技術職

日本の仕事で、最も外国人に人気が高い仕事は「技術職」です。技術職が1位であることを少し意外に感じた方もいるのではないでしょうか。
技術職は、他の職種と比べて日本語能力がそこまで問われない点が特徴の1つで、スキルさえあれば外国人でも日本人と同様に働けることが人気につながっていると考えられます。

また、日本で技術を身につけることで、母国に帰国した際も同じ技術職で就職しやすい点も人気な理由として挙げられます。仕事内容にハードなイメージがあり、そこまで人気が高くないと思われがちな技術職ですが、外国人には需要が高いようです。

外国人に人気の日本の仕事 第2位:教師

教師の仕事は、昔から外国人に人気の仕事です。英会話学校の教師や学校教師など、教師といってもカテゴリーの幅は広いです。
一般的に、日本で教師の仕事を得るには「大学卒業以上」の学歴が必要になってきます。海外の大学卒業でも問題ありません。
ただし、外国語と同様に「日本語」もある程度話せることが求められるケースが多いです。

また、外国人の教師の仕事は「非正規雇用(アルバイトなど)」であることが多いため、長期的に安定して働けるかは個人のスキルによって左右されます。
どの仕事にも共通することですが、特に教師は、働きながらも常に勉強を続けていく必要がある仕事です。

外国人に人気の日本の仕事 第3位:エンジニア

エンジニアの仕事も、外国人に人気の仕事のひとつです。
エンジニアも技術職と同様、スキルさえあれば日本語能力はそこまで問われません。プログラミング言語自体が英語をベースとしているため、英語を話せる外国人にとっては、日本人よりも技術が習得しやすい面も人気の理由の一つといえるでしょう。

大手企業の中にも、外国人エンジニアを積極的に雇用する企業が増えてきています。スキルさえあれば、一般的な日本人よりも稼ぐことが可能な点が、エンジニアとして働く大きなメリットでしょう。

外国人に人気の日本の仕事 第4位:営業職

海外展開している企業にとって、外国人の営業職は非常に貴重です。英語などの外国語を話せるだけでなく、海外の文化・習慣も把握しているため、海外での営業活用で外国人が活躍できるシーンは多いです。
このような背景もあり、営業職は外国人にとって人気の仕事となっています。

営業職は他の職種と比べて、給与水準が高い傾向にあります。営業で成績を残すことができれば、ボーナスに反映される企業も多いです。雇用形態も正社員が多いので、日本で長期的に働きたい外国人の方におすすめの仕事になります。

外国人に人気の日本の仕事 第5位:ホテルなどの受付

ホテルなどの受付も外国人に人気の仕事です。外国人観光客が多いホテルでは、外国語が話せる人材にニーズがあります。
日本語が話せる外国人労働者であれば、外国人にも英語で接客ができ、かつ日本人ともコミュニケーションがとれるため、ホテル受付の就職に有利です。

長期的に安定して働ける点も、受付の仕事のメリットになります。

仕事によって必要となる在留資格が異なるので注意

働きたい仕事によっては、必要となる在留資格(就労ビザ)が異なるので注意が必要です。たとえば、技術職であれば「特定技能資格」という在留資格を取得することで、就職することが可能です。

また在留資格ごとに取得条件が違うので、自分が就職したい仕事ではどの在留資格が必要なのかを事前に確認しておきましょう。

日本で就職する際は、まずは日本語の資格の取得がおすすめ!

技術職やエンジニア職では、そこまで高い日本語能力は要求されませんが、それでも全く日本語を話せない状態だと採用が難しいです。日本で就職する際は、まずは日本語の資格の取得から目指すことをおすすめします。

代表的な日本語の資格として「日本語能力試験」があります。日本語能力試験は、レベルによって「N1~N5」に分かれています。N1に近いほど、日本語のレベルが高いです。教師職や営業職の求人では「日本語能力試験N1」が採用条件に含まれることもあります。

N1を取得するのは決して簡単ではありませんが、日本で長期的に働きたい場合は取得しておきたいところです。日本語学校や専門のスクールに通って、継続的に勉強することをおすすめします。オンライン家庭教師サービスを利用して学習するのも一つの方法です。

まとめ

外国人に人気がある日本の仕事で、第1位が技術職であるのは意外だったかもしれませんが、特定技能資格の設置によって、技術職で働きやすい外国人が増えているのも一つの要因と考えてよいでしょう。特定技能資格はこれまでの在留資格と異なり、取得する条件に学歴や母国での関連業務での従事経験が不要となっています。これにより、今まで日本で働けなかった外国人が、特定技能資格によって日本で働けるようになりました。

また、日本語能力があまり問われないという点も、技術職やエンジニア職が人気な理由の1つです。

その反対で、教師職、営業職、受付といった仕事では、高い日本語能力が必要になってきます。これらの仕事で働きたい場合は、日本語の勉強を継続的に行って、日本語資格を取得する必要があります。日本語能力試験のN1が取得できれば、日本語能力の証明は十分と考えてOKです。希望する仕事に就職できるように、今から準備を始めていきましょう。

参照:https://shirofune.jellyfish-g.co.jp/market/foreigners_popular_job_japan
https://dime.jp/genre/856564/
https://www.f-ship.jp/global/column/20191008-113/


日本で働きたい外国人の方を
英語が話せるスタッフがサポート!

ご希望のエリアや職種、スキルを活かせる仕事の紹介のほかにも、
日本での就職に関するお悩み相談や、就労ビザについてのご質問など、ケイエスケイのスタッフがしっかりサポート致します。
お仕事の紹介から就職まですべて無料!費用は一切かかりませんのでご安心ください!

個人情報保護方針

当社は、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守します。

プライバシーマーク認定番号 第10862641号
プライバシーマーク
認定番号
第10862641号